スタッフのブログ

世界のバラ展

今週の30日までハイジの村にて開催されている「世界のバラ展」に出かけて来ました。例年、この時期にバラを見に出かけますが、あまり良い天候に恵まれたことが無いです(梅雨時期ですので仕方ありませんが…)。しかし、本日は天候も良く、風が非常に涼しく、お出掛け日和となりました。

今週までの開催ということで、ピークは過ぎてしまったようですが、綺麗なバラがあちらこちらに咲いており、患者さんも満足そうな様子でした。

世界のバラ展ということで世界各地のバラが咲いており、今までに見たことのない色のバラもあり、みなさん興味深々で、患者さんも自分の携帯電話を取り出し、黙々と写真を撮影している姿が印象的でした。

作業療法士・眞田


野ばらの季節に。

12年前の今日、野ばらが咲きほこる季節に。

武川町から現在の住まいに引っ越してきました。

 

野ばらが咲くたびに、引っ越した日のことを思い出します。

 

野ばらは地味な花で、いたるところに咲いている珍しくもない花です。

でも、名前がいいですね。

青い空に映えます。

 

他には都忘れ、マーガレットなど、花の美しい季節。

ミヤマオダマキもきれいですね。

 

まだまだいっぱいの山の花が咲き乱れている住まいのある高地です。


ロカボ生活

最近コンビニでも『ロカボ』の文字を見ます。意味としては ゆるやかに糖質を制限する事らしい♪

一ヶ月ほど前から実践して、すっかりハマってしまいました(笑)

ダイエットにはカロリーより、糖質が重要です!!!

↓このアイスは普通に美味しい♡

普通に食事して、ご飯&パン大好きな私は 夜だけ炭水化物を控えてます。

おやつも程々に^^;

これから薄着になるので、ロカボ生活続けます(o^^o)

 

by Y

 


二胡

本日のオカリナ演奏会はピアノとオカリナだけではなく、二胡という楽器の演奏をしていただきました。聴きなじみのある曲も二胡を使うと何だかのんびりとしていて優雅な気持ちになるというか、楽器によって曲の雰囲気がガラリと変わるものですね。

午前中の農園作業では梅雨中の晴れ間を縫って、じゃがいもの収穫をどうにか行なうことが出来ました。しかし、この暑さはどうにかならないものですかね。

作業療法士・眞田


山梨の温泉(^o^)/

久しぶりに温泉に行って来た(*^^*)

なかなか良いお風呂だった(*^^*)

山梨もいい温泉はいっぱいあるよ(*^^*)ではまたm(._.)m

by K


さくらんぼ

当院は、「さくらんぼの丘」です。

車で3分ほどのところに、さくらんぼ農園があります。

40分食べ放題で2000円。

贈り物用の大きな粒は一キロ5000円です。

 

当院は、別名「さくらんぼの丘」です。


クレマチスの庭

お天気の良いのは、今日まで、らしいですよ。

今日は気持ちのいい快晴でした。

いろんなクレマチスが庭で咲き出しました。

花を見ながら、庭で猫と遊びました。

 

先週は監査などがあって超いそがしく、週末はさすがにちょっとダウンぎみ。

だけど、今日一日ゆっくりしたので。

明日からまた頑張れそうです。


たまには外で。

昨日は雨でした。小雨でしたね。

たまには外で遊ぼうと計画したスタッフのもと。

テントをはって、外の空気を思う存分、吸った患者さんたち。

なんだか、おせんべいに絵を描いたりして、楽しそうでした。

 

看護師や作業療法士の方たちは、まめまめしいですね。

 

雨でしたので、中にいてもうっとうしい気分でしたが。

雨なのに、こうやって緑の中にいると気分がいいんです。

いい一日でした。


おみやげ

本日も梅雨の間の晴れ間で、いまいちスッキリしないムシムシした天候の中での農園作業でした。じゃがいも畑の中に枯れた部分が出来ていたので、本日掘ってみました。今年は実のなり方が非常に良く、患者さんからも「試しで掘ったのにこんなに取れた。」と喜んでいました。今週末に外泊されるという患者さんが何人かおられたのでその一人の方に自分で作ったじゃがいもをお土産として持って帰り、何かの料理に使ったら喜ばれるのではないかと提案したところ、「じゃあ、お土産にします。」と言っていました。

もう少し多くの収穫が出来るようになったら恒例の「じゃがいもパーティー」を計画したいと思います。

作業療法士・眞田

 


日精協の総会へ。

 

日本精神病院協会の総会で、東京へ行ってきました。

山梨県の代表です。

山梨県は小さい県なので一名。大きな県や都は3~数名。

日本全国から集まるので、150人くらいでしょうか。

 

全員、院長か理事長なので、年配の男性が多いのですが。

先回も金沢から三代目の40歳くらいの医師。

今回も金沢の三代目の30歳半ばの医師。

金沢は懐かしくて、向こうの先生は私をご存知ないのに、ご挨拶に

行ってきました。

よほど金沢が懐かしいものと思います。

 

私の病院は、私の代からオーナー院長をはずれ、今後末長く、一勤務医が同時に

院長であることでしょう。

「鶴の一声」や「カリスマ性」はまったく通用しませんが。

オーナーでないが故の、自由闊達な雰囲気というものはあります。

今後もその良さを生かした病院経営をやっていきたいものと思います。