作業療法士

スポレク大会

今年は各種目で1位、2位、3位、4位を獲れました☆…野球で言えば「サイクルヒット」のようなものですね。みなさんの日頃の練習の賜物です!!…一生懸命練習した分、喜びも倍増です。スポレク大会では地域のみなさんも参加されているので、退院された方々が元気に地域で生活されている様子も感じられることが出来、声もかけていただけたり、とても嬉しく思います。また秋のバレーボールや卓球の大会に向けて体を動かしていきたいですね。

作業療法士・眞田


未曾有の連休

夏休みや年末年始の休暇以上の長期連休になった方も多いのではないでしょうか?

まだまだ勉強や仕事になかなかエンジンがかからない方も多いはずです。エンジンがかからないならまだしも、体調不良に繋がり学校や仕事に行けなくなるといったパターンも多いようです。やはり、生活習慣の乱れが原因なのではないでしょうか?

更にこの時期は季節の変わり目でもあり寒暖差も激しく、たたでさえ体調を崩しやすい時期でもあります。あせらず、無理せず、じっくり、と生活習慣を取り戻しつつ、体調を整えていきましょう。

ゴールデンウィーク中にじゃがいも畑がすくすく育っていました。じゃがいもにゴールデンウィークは無かったようです。

作業療法士・眞田


いよいよ…

ワラビが本格的に出てきました。じゃがいもはさすがにまだまだですね。今日あたりから本格的に春を感じる暖かさになり、外に出るのも楽しくなってきました。桜が終わっても色々楽しみを見つけて外に出てみましょう。

作業療法士・眞田


こんなこと…

滅多にない事なので、撮影しておきました…「雪と桜」。東北のニュースなどではたまに見かける映像が、目の前に起きると不思議な気分になります。こんなこと、あるんですね~。

作業療法士・眞田

 


満開

今、現在がちょうど満開になりました。診察の有り無しに関わらず、中庭にお花見に来て下さい。おまけで、農園作業で作っているチューリップの鉢植えも少しずつ咲き始めました。病院に来てくださった方に見てもらえるように、展示の仕方を考えます。

作業療法士・眞田

 

 


平成最後のお花見

年度という意味では既に「令和元年度」に入っているのかもしれませんが、まだ元号は変わっていないので「平成最後」なんだと思います。恒例の舞鶴城公園へお花見に行って来ました。去年は「暑くて、暑くて…」というお花見でしたが、今年は「寒くて、寒くて…」というお花見でした。「毎年、お花見のスケジュールを組むのが難しい…」とOTが嘆いていました。桜は意外にも7~8分咲きで、これからが見頃のようです。

今週末から信玄公祭りのようで、ちょうどさくら満開で見頃かもしれません。今週は晴れても寒い日が多いようです。風邪を引かないように暖かい格好をしてお出掛けしてくださいね。

作業療法士・眞田

 


春本番

週間予報を見ても、最高気温が10℃を下回らない日が今後続きそうです。最近の活動を見ても「外気浴」や「散歩」のプログラムも出てきて、いよいよ春本番と言った感じになって来ました。

農園作業でもいよいよ今シーズン初めて野菜の植え付けを行ないました。「じゃがいも」です。種芋の数が多いので、これからゆっくりのんびり皆さんと植えていきたいと思います。

桜の蕾も徐々に膨らんできました。開花が楽しみですね。

作業療法士・眞田


春なのか、冬なのか…

寒いような、暖かいような…なんとも言えない天候が続いています。

でも、着実に春は近づいているようで、韮崎でも梅は5分咲き、チューリップも芽を出し始めました。

でも、また今週末は雪予報…。

体調管理は十分に!!

作業療法士・眞田


退院前訪問

当院では訪問看護を行なっていますが、入院患者さんを対象にした「退院前訪問」というものがあることをご存知でしょうか?…入院中の患者さんに対して退院に先立ち、退院後の生活についての助言や在宅での療養生活に向けての調整などを「退院前訪問」として行なっています。

本日は退院が近くなった患者さんと共にご自宅に行ってきました。入院時ではサポートがある場面でも、一人暮らしとなると自分でしっかり管理しなければなりません。薬の管理、買い物、食事、布団を敷く、入浴、排泄…一気に何もかもやる事は大変なので、一つ一つ確認しながら行なっていきます。今日行った方のご自宅は退院に向けて住宅改装も行なっており、スロープや手すりの設置工事が入っていました。

入院中、家に帰る事に精神的にもハード面でも不安を感じる方が多くいらっしゃいます。こういった方に対して「退院前訪問」を行なうことによって、不安を解消していただき「やっぱり、自宅がいいなー。」と感じていただけたら幸いです。

作業療法士・眞田


院長のファン

昨年12月に当院の院長・北村絢子先生が山梨日日新聞に掲載していたコラムをまとめた本「こころ 曇りのち青空(Dr.あやこ 精神科医の処方箋)」が発売されました。山梨県内の方は大半が山梨日日新聞を購読されているので、私の周りの様々な人からも「読んでるよ。」「いい事書いてある。」などと声をかけられていました。

残念ながら連載は終わってしまいましたが、1冊の本になったことを知って「買っといてくれ。」と言われ、4冊を病院の窓口で購入しました。せっかくこの病院に勤めているので、その権利を利用して「サインを入れて下さい。」と言ったらサインが入ってました。「やさしい院長」なので、病院窓口で購入される予定の方は「サイン入り希望」と言えばきっと入れてくれると思いますよ。

作業療法士・眞田