事務長

オーケー

☆オッケーグーグル あけましておめでとうー。

*韮崎東ケ丘病院の皆様、明けましておめでとうございます。

 

☆オッケーグーグル 当院の年末年始はどうだった?

*とくに事件事故もなく医療安全委員会へのインシデント報告はありません。

 

☆オッケーグーグル 当院の今年の抱負はなに?

*来院した皆様方に、「病院の雰囲気がますます明るくなりましたね」

「職員の笑顔がすてきですね」

「職員がよく挨拶してくれますね」と言っていただけるようになることです。

 

☆オッケーグーグル 当院の今年のボーナスはどのくらいでると思う?

*夏と冬合せて6ヶ月くらいかな。

 

☆オッケーグーグル 病院の設備で新しくなりそうなところはある?

*エントランスの掲示板設置(掲示企画展は猫シリーズ)と会議室の机の更新かな。

 

☆オッケーグーグル 今年辞める職員はいるの?

*今年はいません。こんな良い病院を辞める人いるわけないでしょ。

 

☆オッケーグーグル では、採用の予定は?

*看護職員を5人程度、○○て○○の○○○○○○士を1名程度、

もっと若くてバリバリ仕事のできる事務長を1人かな。

 

☆オッケーグーグル 貴方の予想は当たるの?

*すみません。まだまだ未熟ですのでもっと勉強して正確に答えられるようになります。

今年もどうぞよろしくお願いします。



近況報告

ご無沙汰していましたので近況を報告します。

Q:最近ブログに載らないけど事務長辞めたの?

A:まだしぶとくしがみついています。

 

Q:もう稲刈り終わったんですか?

A:10日ほど前に終わりました。疲れました。

それで昼間ついつい・・・

 

Q:鈴虫はげんきですか?

Q:病院前の歩道設置は進んでいるんですか?

Q:昨日(4日)職場にいなかったようですがサボっていたんですか?

A:人間ドックに行ってきました。

 

Q:結果はどうだったんですか?

A:もう悪いとこだらけで落ち込んでいます。

 

Q:では、もうすぐ辞めるんですね。

A:・・・・・・・・

 

Q:今年のフェスタ東ヶ丘(イベント)はいつですか?

A:10月22日です。選挙も忘れないでくださいね。

 

Q:今年の開院記念日の式典はいつですか?

A:11月8日火曜日です。(開院は11月11日ですが)

 

Q:職員に望むことはありますか?

A:もっとやさしく、大切にしてくれえー!

 


登ってみたいな

今年も稲が実りました。

いつもの言葉です。

「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」

案山子も頑張っています。

やっと夏らしい天気になりました。

甲斐駒ケ岳が鮮やかです。

先ほど、自宅から写しました。甲斐駒ケ岳と三日月です。

こんな山に登ってみたいな!

誰か私を甲斐駒ケ岳に連れてって!

 


苦いのが売り

7月もあと数日。

学校も夏休みに入って、いよいよ夏本番です。

暑いです。

恵林寺が織田信長勢の焼打ちにあったとき、

住職の快川国師は、

「心頭滅却すれば火もまた涼し」と言ったそうですが、

凡人の私は、心も頭も滅却できません。

暑いです。

この暑さに我が家の畑の野菜は元気いっぱい。

特に元気なのがゴーヤです。

先日、北杜市役所に行く機会がありました。

庁舎の入り口でゴーヤの「緑のカーテン」が涼感を醸し出していました。

ゴーヤは沖縄での呼び名で、

本名は「ツルレイシ」といいウリ科です。

「苦瓜(にがうり)」ともいいます。

名前の通り、皮に苦味があります。

ビタミンCが豊富で、ミネラル分も多く、夏のスタミナ野菜です。

制癌作用があるそうです。

動物実験で、ゴーヤの栄養素は癌を誘発させる細胞の

90%以上を死滅させたという結果がでたそうです。

「良薬は口に苦し」とも言います。

やはりゴーヤは体にいいんです。

今年の夏はゴーヤをもりもり食べて暑さを乗りきりたいと思います。

ゴーヤのおすすめレシピを載せようかと思いましたが、

それは、当院栄養士のブログに任せたいと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

当院の優しい臨床心理士の先生からハーブを分けていただきました。

当院の活動で「心の栄養」として利用したそうです。

上:レモングラス 下:ステビア

大切に、心を込めて育てたいと思います。

 


お宝もの

昨年度の決算が確定したため、各種の調査が多く多忙でした。

しばらくご無沙汰していました。

きょうは書籍の7月号を紹介します。

北杜市の広報誌「ほくと」7月号です。

画面の右端に移っている黄色い半そでユニホームを着た人。

中腰で微笑みかけるロマンスグレーの中年の人。

この人こそ、当院の事務長です。

めったにメディアに載ることがないため極めて希少価値が高い写真です。

お宝ものです。

すでに、ほとんどが北杜市民に確保されてしまったとのことです。

もし、どうしても手に入れたい方は、

北杜市役所(須玉町)か、

市内八カ所の総合支所にあるそうです。

部数に限りがありますので、お急ぎください。

松葉ボタンも集団になるときれいですね。

日中は咲誇り、朝夕はしぼむ、可愛い花です。  


人権擁護の日

「今年ももう衣替えの時期になりましたが、いかがお過ごしでしょうか」

こんな手紙の書き出しがぴったりの時期になりました。

きょうは6月1日。

6月1日は何の日かちょっと調べてみました。

電波の日

1950年のこの日、電波三法が施行されました。

気象記念日

1875年のこの日、東京に日本初の気象台が設置されました。

写真の日

1841(天保12)年のこの日、日本初の写真が撮影された。

チーズの日

写真の日にかけて「はいチーズ」から。

氷の日

江戸時代、加賀藩が将軍家に旧暦の6月1日に氷を献上したことから。

真珠の日

6月の誕生石が真珠であることから。

そして最後に挙げるのが「人権擁護委員の日」です。

1981年のこの日、「人権擁護委員法」が施行されたことから制定しました。

毎年この日を中心に人権擁護委員が駅頭で

キャンペーンや啓発活動を行っています。

私も、今朝、中央線の日野春駅で啓発グッズを配布してきました。

当院でも人権尊重が診療理念の一つです。

6月に入って、生き物たちも活動的です。

花も元気です。


午の日

今年の5月7日、5月19日、5月31日。

この日付はあることで共通しています。わかりますか?

答えは「午の日」です。午は「うま」と読み、お馬さんのことです。

今のカレンダーは数字が並んでいますが、

昔は十二支を使って日付を表しました。

今でも数字の端に十二支が表示されているカレンダーもあります。

「午の日は」12日に1回めぐってきます。

この時期、農家にとってはいつが「牛の日」かが気になります。

なぜでしょう。

5月も中旬になると、各地で田植えが始まります。

我が家でも田植えが終わりました。

田植えの時期は、農家は猫の手も借りたいほど忙しいのですが、

昔から「午の日」は田の仕事はしないというのが農家の風習です。

今でこそ、田の作業は機械ですが、昔は馬で耕しました。

その馬を休ませる日が、「午の日」だったのです。

「昔から、午の日に田植えすると、葬式の米になる」と言われてきました。

馬の代わりに機械が田の作業をする現代でもこの風習が語り伝えられ、

生きているんですね。

明日(19日)は「午の日」です。

仕事をしているふりをして、こっそり居眠りしていようかな。

 

 

 

 


かけがえのないもの

当院の頼りになる看護職員として慕われている「Y」さんが、数日前のブログで、
有名な「わに塚の桜」の写真を掲載しました。
見事な桜に目が奪われますが、私は別のところに注目しました。

良く見てください。桜とともに電線が映っています。
実は「わに塚の桜」の真上を高圧電線が通っているのです。

「わに塚の桜」は、田園の中に孤高の姿で立っているので、
後方の富士山や八ヶ岳をバックにした写真が最高のアングルなのです。

しかし、電線が邪魔をして良い構図がとれません。
このことは、だいぶ前から地元や桜を愛する人たちが残念に思っていることですが、
どうすることもできません。一度失われた景観は戻ってこないのです。

日本の庭園や伝統建築には「借景」という手法が使われています。
自然の山や樹木を背景に取り込んで一体化し迫力のある景観を演出します。

京都の円通寺や天龍寺、比叡山の修学院離宮、島根県安来市の足立美術館などが有名です。


.                               足立美術館庭園

もし、借景している山や林が開発されて景観が損なわれたらどうでしょう。
日本の誇る名園も名刹も価値がなくなってしまいます。
それほど景観というのは貴重でかけがえのないものなのです。

当病院も自然環境の良さを最大の売りにしています。

東に茅ケ岳、西に南アルプス、南に富士山、北に八ヶ岳。
この景観は病院にとっての「借景」で、病院の建物が四季折々の自然の中で息づいています。

この景観に病院を訪れるすべての皆さん方が癒されるのです。

これからも、ずっとずっと美しい自然景観に囲まれた病院でありたいと願っています。

我が家でも花が癒してくれます。


入学と桜

きょうは多くの小学校、中学校で入学式が行われました。お母さんに手を引かれて学校に向かうピカピカの1年生や、少し大きめの制服を着た新中学1年生の姿を見かけました。

入学式の挨拶と言えば、「満開の桜のもと・・・」といった言葉が並ぶのですが、今年は1週間くらい遅れているようです。当病院の桜も8分咲き程度です。

病院前の県道に歩道を設置するため、写真の桜の何本かは今年が見納めとなります。病院創設以来、春を告げてくれていた桜ですが、来院する皆様の安全確保を優先します。

 

ところで、日本の入学式が4月になった理由知っていますか。

明治に入って近代教育制度ができたころは9月入学だったのですが、明治の中頃から国の会計年度が4月を年度初めと決まり、それに合せて4月になったということのようです。

つまり、国の事務処理上の理由で4月入学になったわけですが、桜が4月初めに満開になるということも影響を与えたような気もします。 桜の咲く季節に入学式が行われるのが一番ふさわしいように思います。

入学式といえば、小学校への入学は3月31日生まれまでの児童ではなく、4月1日生まれまでです。同じ年の4月に生まれても、1日生まれは先輩、2日以降なら後輩になります。

これは、学校教育法で満6歳になって初めて迎える4月1日に入学ということになっているからです。

法律上の満年齢は誕生日の前日でカウントするため、4月1日生まれは3月31日に満6歳となり、翌日の4月1日から就学することになるのです。

 

国の特別天然記念物である北杜市武川町の神代桜も、今年は少し遅れていましたが、やっと5分咲きくらいになりました。

 

この時期、桜に目が奪われますが、我が家の花もいよいよ咲きそろい春を告げています。