院長

旅に出て。

一年に一回の旅に出ました。

行く前は、準備と仕事で頭がいっぱい。

旅行なんて行きたくないと思っていました。

でも夫が「年に一回くらいは旅が必要」という主義なので従います。

 

帰ってきたらほっとしました。

が、やっぱり気分が変わりました。

生活にメリハリが出ると思いました。

 

猫たちは、やたら近づいてくるし、庭の花がいつの間か咲いていました。


故郷・2

看護部のYさんが、故郷のことを書かれるたび。

心が大きく揺さぶられるのを感じる。

 

私にはもう、父も母もいない、姉も妹もいない。

わずかに仲の良い従妹がひとりいるだけ。

だからYさんほど、いつか故郷に帰りたいとは思っていない。

 

なのに、なぜこんなに心が揺さぶられるのだろう。

故郷を遠く離れて暮らす者にしかわからない、この揺れる心。

 

原村は昨夜、星祭りで華やかさをきわめた。

全国から人の集まる八ケ岳。

そうはいっても、八ケ岳の暮らしを楽しむ私もまたいる。

 

文化園のカフェがお洒落に変貌していて驚いた。

カフェだけにかぎれば、東京より、どの町より。

雰囲気のあるカフェが多いように思う。

 

私はいつか、生まれ故郷より、そして第二の故郷金沢より、この地がいいと

言えるようになっているだろうか。


当直明けの朝

当直明けの朝。

疲れはててまったく起きれない日がある。

割合早く起きれる日もある。

起きれた朝は、家事がないのでローソンに行くのが趣味だ。

目的はいっぱい100円の珈琲

 

コンビニで買う人の気が知れない、が私の口癖だった。

しかし今や、病院から三軒隣のローソンは、当院の台所だ。

職員もそして何より患者さんが一番の楽しみにしている。

そう、ローソンで一杯のコーヒー、一個のおにぎり、お菓子。

長い入院生活唯一最大の息抜きと化している。

 

ご覧あれ。

朝から、カウンターにドンと陣取っているのは、私だ。

職員が朝から、何人もそばを通りぬけていく。

 

怪訝な顔の職員さんに「当直明けの一杯よ」と言うと。

「了解!」という返事。

おいおい。ここは職場内じゃあないんだよ!


自損事故

私は運転が上手ではありません。

ながらく車も持っていなかったので、山梨に来た時には躊躇しました。

それでも信州に移ったために、汗をかきかき高速道路の練習もしました。

 

自損事故には枚挙にいとまがありません。

ドアをへこます、バンパーをへこます、隣の車に傷をつける、

溝に落ちる、車が動きだしてあわてて車庫にぶつける・・・・などなど。

最高でドアの30万円。

車の事故ほどお金のかかることはないので、お金をためるより。

事故を起こさないようにすることが、私にとっての最大の貯金。

 

今日はちょっと疲れていて、ぼーっとしており、標高1500Mに建つ美容院に

行き、車をバックで止めた時も、けっこうおおざっぱな気持ちでした。

後ろは林。落ちることもないだろうといい加減にバックしたところ。

なんか衝撃を感じて・・・・・・!

プリウスの出っぱったところが大樹に当たり、その衝撃で後の窓が木っ端みじんに

割れたのでした。

こんな事故、初めてです。

 

毎日100キロくらいは走りますので、本当に!

本当に!

気をつけたいと思います。

 

ちいさな事故は私にとって「保険」

事故のあとは運転が慎重になるからです。

 

運転をしなくてもいい街に住みたい。

これは私の悲願です。

お金も、そのためにだけ貯めているくらいです。

でも夫は田舎も運転も今の家も大好き。

 

猫がいなかったらさっさと都会に別居しているかもしれません。

猫が可愛くて、ただただそれだけで、マンションには住めないのですよ。

猫から自由に飛びまわれる緑の庭を奪うことだけは出来ないでいます。

 

 


夏の朝

夏の朝は15度から17度。

ちょうどいい温度で気持ちがいい。

 

朝食前に、ここで珈琲を飲むのが日課。

 

朝は5時半から6時。

6時からは始動。

 

と言っても、その時間に起きれる日が毎日ではないのだが・・・・・・

 

朝陽がまぶしい。


高原の朝市

住まいの村では、7月半ばからニケ月、朝市があります。

アナベルが咲き誇る道沿い。

朝6時半から8時過ぎまで野菜やパンが売られます。

 

住んでいるとめったに行くことはないのですが。

今朝は4時に目覚めてしまったので、出かけてみました。

 

ちょっとした高原野菜を買い、珈琲を飲んできました。

 

昨年は、朝の通勤時にちょっと車を止め、珈琲を飲むのが恒例でした。

雰囲気も良く、湧き水で淹れているので美味しいのです。

 

でも、今年から朝かなり早く出勤するので、素通り。

恒例の朝の珈琲は当分、お預けです。

 


清里散策

突然、お世話になった知人の家族が訪れることになりました。

でも、この三連休で宿がどうしてもとってあげられません。

困り果てていたところ・・・・・・

 

「清里から通勤しているY看護師さんの家はペンション経営よ。頼めば?」

と職員さんから言われ、急遽連絡。

無理言って頼みこみ、部屋をとっていただきました。

「清里の森」という800軒の別荘が建っているところ。

初めて入りましたが、広大な管理地で、まわり中、うっそうとした森。

すばらしい森で散策に事欠きませんね。

やっぱり森はいいですねえ、好きです。

 

二部屋をひとつに改築したそうで、子ども連れの知人には言うことなし。

私も普通の部屋のほうに泊まってみました。

 

清里を散策。

清里って観光地かと思っていましたが、ほとんどが山。

 

 

トレッキングも出来るそうです。

ミニ散歩をしました。

お料理は、ニジマスのムニエル、ローストビーフ。

その他に大皿料理が6皿。

大皿料理は野菜が多い料理になっており、とても美味しかったです。

ふだん看護師さんとしか見ていなかったのですが、夜は料理人のオーナーの

内助の功。

見直してしまいました。

 

 

例の有名な清泉寮のソフトクリームも食べました。

今日は2000個以上、多分3000個以上は売れたでしょうね。

 


病院職員の納涼会

年に二回、納涼会と忘年会。

今日は納涼会です、一年が早いですね。

全職員が集まって、楽しく美味しいひとときを過ごします。

 

新人さんの紹介はいつも初々しいです。

若いスタッフも増えています。

 

最後の〆は看護部長でしたが、あまりにも楽しく酔っぱらって。

私たちを楽しませてくれたので。

写真係としては笑っぱなしで、カメラを落としてしまいました。

 

本当に残念でしたが、楽しい〆だったので、良しとします。

最後まで和やかでした。

 

あーー、最後のケーキバイキングも撮り忘れました。

すごく可愛くきれいで美味しく、芸術品でしたよ。

どうも、笑いと食い意地がはった時には、このカメらまん、仕事を忘れる

ようですね笑


久しぶりにスタバへ

今日は、原稿を頼まれていたので、久しぶりにスタバへ行きました。

なんとなく懐かしい雰囲気。

やっぱりスタバ、好き。

 

お天気が良くて、みなさん庭でくつろいでいました。

いい雰囲気。

 

思いきって、買いました。

しばらく買ってなくて、前のが、もうはげてきてたので。

新しいのを買ってもいいかな、と自分に言い聞かせました。

 


萌え木の村

 

今日は、所用と気分転換をかねて、清里に行きました。

ロックで例のベーコン入りカレーを食べ、萌え木の村や牧場公園を散策。

山梨の高原の花はきれいですね。

撮っても撮っても「見てよ、見てよ」と花たちが訴えてきます。

写真は、ほんの一部です。

 

温度は26度くらい。

埼玉からバス旅行で来たと話していたおばさんたちが。

「涼しいわねえ、考えられない涼しさ」と言い合っていました。

 

が、私にとってはやっぱり暑かったです。