院長

何年ぶりかの寒さ

今日は2000年以来、4回目の寒い12月らしいです。

住まいのほうでも、ストーブを焚いても寒い。

でも外は快晴。

近くのカフェへ、仕事に行きました。

誰も来ない。

オーナーの白いわんこが戯れるのを眺めながら仕事しました。

家にいるより気持ち良かったです。


冬の到来

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒くなりました。

ストーブが活躍しています。

 

「久しぶりの出かけない日曜日」になりそうです。

書類などの雑用が山のようにたまっています。

 

すっきりと片付けないと、明日からの仕事にも差しつかえそう。

一日、がんばって片付けます。

☆    ☆    ☆

スマホに変えて一ケ月。

本命のガラケーをスマホに変えたのに。

この一ケ月、電話はかかっても来ず、かけもせず。

いかに電話を使っていなかったことか。

電話は職場用のガラケーに職場からかかるだけ。

 

でも一方、スマホで写真を撮り。

それを編集したり。

ブログを載せるのはスマホから。

ラインもやるようになりましたが、しかし相手は夫だけ。

 

スマホは楽しいです、本や雑誌なども読みます。


病院の忘年会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年に一回の、忘年会。

一年が早いです。

場所は結婚式場ですから、お洒落です。

昨今は、いかにも飲み会って感じのもの、職員が好まないようで。

飲んべえたちはどうか知りませんが、飲めない方も堂々とできる時代。

結婚式に招待されることもありませんが、しばし気分を味わえまして。

みなさん、楽しいようでした。

 


スタバにて

 

 

スタバには久しぶりに行きました。

家に自室があるのに、どうして?

誰も邪魔する人、いないのにどうして?

と言われますが、雑念の沸く環境はだめですね。

雑用の山が見えますから。

 

今日は、もうすぐ出版される本の校正です。

楽しみです。




大村美術館

かの有名な大村美術館。

とうとう行きました。

堀 文子展をやっていたので、ぜひ行きたくて。

 

今日は青空。

気持ちの良い一日でした。

八ヶ岳は冠雪していましたが。

今日は溶けました。

 


てんやわんやの一日でした。

とうとう、本格的にスマホを使うことになりました。

 

適当な電話番号で格安スマホを買ったのは、一年半前。

ガラケー二本(自分用、職場用)と三本持ちでした。

ところが、一年半たっても、まったく放ったらかし。

たまに使ったら故障し、修理代が何万とかかる始末。とんでもありません。

 

言い訳に「仕事をやめたら使う」と言ってましたが「今から使わなくてどうする!」

「使ってこそ、触っていてこそ慣れる」の夫の一言で、「それもそうかな」と、

とうとう決心した次第。

 

そして、二本のガラケーのうち、本命の私的ガラケーをスマホに変えました。

そして仕事用のガラケーと二本持ちにすることにしました。

スマホはパソコン感覚で楽しみ、仕事関係はすべて、仕事用のガラケーで受けると

いう方法です。

 

スマホはゆっくり使っていきます。

楽しみながら、ゆっくり自分用にカスタマイズしていきます。

 

スマホ騒動は朝から始まり、夜ふけまで続いています。

実は・・・・まあ、夫も携帯会社を同時に変えので、いろいろ支障が・・・・

 

詳しくは書きませんが、まあ、少しづつ少しづつですね。

 

スマホは持っていても、楽しく使いこなしている人は少ないようです。

時間はかかっても、楽しく使いこなしたいものです。

スマホはパソコンと同じですからね。

 


第55回開院記念日そして大阪

金曜日は第55回目の開院記念日でした。

毎年、式典をおこない、永続勤務者を表彰しています。

5年、10年、20年、30年そしてなんと。

40年が2名もおります。

ご苦労さまです、長い間。

 

式典を終え、義兄の見舞いに泉大津市まで車で出かけました。

本日遅く帰宅しましたが、往復14時間。

とっても、とっても(!)疲れました。

でも義兄夫婦や姪たちと楽しい数時間を過ごしました。

 

このごろは、癌で余命〇ケ月と宣告されても。

癌も治る病気、と認識されてきたせいか。

義兄も家族も明るい。

笑い声も絶えず、姪にスマホのラインを教えてもらったりして。

笑いあって楽しむ私たちを後目に、さすがに疲れたのか義兄は昼寝をしてしまいました。

 

かって住んだ懐かしい大阪。

しかし車で6時間以上はやはり大変。

ここまで遠いと、もう会えることはないかもしれない、と思うと淋しい。

 

 

 


めだかの越冬

今年もわが庭の池で。

たくさんのめだかが産まれました。

なん百匹と。

しかし、冬に近くなり、残っためだかは10数匹。

めだかは一体、どこへ消えるのでしょう。

毎年、毎年の謎でした。

今年になり、池にやってくるカエルに食べられるのじゃないかと思うように

なりました。

それでも、残っためだかを水槽に入れ。

大事に越冬させます。

 

水槽越しに庭を眺めます。

レモンも通っていきます。

うりはだ楓の葉っぱもすっかり落ちてしまいました。