北村院長

94歳のニューヨーカー

美容院にカットに行きました。

「整理してモノをうんと減らしたわ」

「着るものは、もういらない」と言ったところ。

「そうかしら、女性はいくつになってもお洒落が必要よ」と言われて。

美容院の先生から「94歳のニューヨーカー」という映画を紹介されました。

今、とても影響を受けているのだそうです。

 

早速、アマゾン プライム会員である特典を利用して。

パソコンでその映画を観ました。

 

インテリア デザイナーにして、服飾装飾品のコレクターとして

名を馳せている女性なのですが、生き方がとてもカッコいいのです。

 

映画の中で「どんなに平穏な暮らしを望んでいる人にも刺激は必要よ」と言って

いましたが、まさに、地味で平凡な私たちでも刺激を受ける映画でした。

一回きりの人生、他人がどう思うかではなく、自分が楽しいと思えることに

どこまでも冒険心とユーモアでつき進んでいきたいと思えました。

 

私、来週、YBSのラジオに出演するんです。

梶原しげるさんが司会なので、うまく引き出してくださるらしいのですが。

思いっきりしゃべって、楽しいのにしたいな、と思えてきました。

私も本来はじゃじゃ馬なのですが、最近おとなしくしてます(笑)もったいない。

 

それにしても世の中には、こんなに若々しい94歳の女性がいるって驚きでした。

ちなみにご主人は100歳です。

 

以前に「90歳のピアニスト」という映画をここでご紹介しました。

そのことも思い出してしまいました。

 

いくつになっても「好き!」「熱中してる」というもののあることが

素敵ですね。

 

 

 

 


整理や掃除をしました。

とうとう年末になりました、一年が速い。

 

今年は30日、31日、3日が休みで後は仕事。

と言っても日直や当直です。

 

少ない休みですることと言えば、整理整頓と掃除。

今日は一ケ月でたまりにたまった机の上、リビング、キッチンを

整理しました。

 

私が家にいることは珍しく、猫たちもうれしいのか周りにまったり。

左上の写真、汚い机の上が、こんなにきれいになりました。

 

猫も「きれい」はうれしいらしく、机のあたりでうろうろ。

たくさんの猫たちの写真も撮れました。

 

最後の〆は、プール。

今日もしっかり泳いできました。

 

明日もまた掃除。

暮れ正月の休みは、掃除と整理に明け暮れます。

ふだん出来ないので、本当にこの休みが有難いです。

 

 


「こころ 曇りのち青空(Dr.あやこ 精神科医の処方箋)」が発売されました

山梨日日新聞にて連載していました「Dr.あやこ 精神科医のしあわせ論」は、山梨日日新聞社から「こころ 曇りのち青空(Dr.あやこ 精神科医の処方箋)」として出版されました。

院長が、患者さんの気持ちや、自分の気持ちと向き合う中で、生きることが少しでもラクになるようにと心をこめて語りかけたエッセイ集です。ぜひ手におとりくださることを願っています。


精神保健指定医研修会

 

金曜日から今日まで二泊三日で東京出張でした。

5年に一回の、精神科医の指定医の更新研修です。

とても大事で必須の講習会です。

 

5年に一回なので、9時から5時半までびっちり。

前日に行き、翌日に帰るスケジュールでさえ、かなり身体にこたえました。

 

すごい出会いがありました。

40年前に弘前の病院で一緒に働き。

一番意気投合し最も尊敬していた医師とばったり出会いました。

 

タクシーを降り、ふと後ろを振り返ったら、その医師がいたのです。

 

500名の研修医の名前はわかりません、席はすでに指定されており、

見えるのは医師たちの後姿だけです。

他の医師と顔をあわす機会はトイレに行くときだけ。

また5年に一回の上、一年に8回ほどに分けて全国で行われるのです。

そんな医師と出会う確率は、一万分の一より低い。

本当に感激的でした。

かぎられた時間でお昼を一緒にとりました。

 

何年たっていても、昨日まで一緒にいたかのように会話しました。

それほど苦労した仲間というのは親しいのです。

 

もう二度と会えないでしょう。

でも本を送ったら、クリニックで売ってあげると約束してくださいました。

 

精神科の指定医はとても不足しており、今は福島の被災地のクリニックで

忙しく働いておられます。

☆    ☆    ☆

今年は忙しく、なんだかだと6回も東京へ行き、一年が終わります。

来年も1月2月と東京行きがあり、遠出は苦手なので大変です。


スタバにて

 

 

スタバには久しぶりに行きました。

家に自室があるのに、どうして?

誰も邪魔する人、いないのにどうして?

と言われますが、雑念の沸く環境はだめですね。

雑用の山が見えますから。

 

今日は、もうすぐ出版される本の校正です。

楽しみです。




大村美術館

かの有名な大村美術館。

とうとう行きました。

堀 文子展をやっていたので、ぜひ行きたくて。

 

今日は青空。

気持ちの良い一日でした。

八ヶ岳は冠雪していましたが。

今日は溶けました。

 


てんやわんやの一日でした。

とうとう、本格的にスマホを使うことになりました。

 

適当な電話番号で格安スマホを買ったのは、一年半前。

ガラケー二本(自分用、職場用)と三本持ちでした。

ところが、一年半たっても、まったく放ったらかし。

たまに使ったら故障し、修理代が何万とかかる始末。とんでもありません。

 

言い訳に「仕事をやめたら使う」と言ってましたが「今から使わなくてどうする!」

「使ってこそ、触っていてこそ慣れる」の夫の一言で、「それもそうかな」と、

とうとう決心した次第。

 

そして、二本のガラケーのうち、本命の私的ガラケーをスマホに変えました。

そして仕事用のガラケーと二本持ちにすることにしました。

スマホはパソコン感覚で楽しみ、仕事関係はすべて、仕事用のガラケーで受けると

いう方法です。

 

スマホはゆっくり使っていきます。

楽しみながら、ゆっくり自分用にカスタマイズしていきます。

 

スマホ騒動は朝から始まり、夜ふけまで続いています。

実は・・・・まあ、夫も携帯会社を同時に変えので、いろいろ支障が・・・・

 

詳しくは書きませんが、まあ、少しづつ少しづつですね。

 

スマホは持っていても、楽しく使いこなしている人は少ないようです。

時間はかかっても、楽しく使いこなしたいものです。

スマホはパソコンと同じですからね。

 


第55回開院記念日そして大阪

金曜日は第55回目の開院記念日でした。

毎年、式典をおこない、永続勤務者を表彰しています。

5年、10年、20年、30年そしてなんと。

40年が2名もおります。

ご苦労さまです、長い間。

 

式典を終え、義兄の見舞いに泉大津市まで車で出かけました。

本日遅く帰宅しましたが、往復14時間。

とっても、とっても(!)疲れました。

でも義兄夫婦や姪たちと楽しい数時間を過ごしました。

 

このごろは、癌で余命〇ケ月と宣告されても。

癌も治る病気、と認識されてきたせいか。

義兄も家族も明るい。

笑い声も絶えず、姪にスマホのラインを教えてもらったりして。

笑いあって楽しむ私たちを後目に、さすがに疲れたのか義兄は昼寝をしてしまいました。

 

かって住んだ懐かしい大阪。

しかし車で6時間以上はやはり大変。

ここまで遠いと、もう会えることはないかもしれない、と思うと淋しい。