出版祝い会

山梨県立大学の教授だった堤マサエ先生は、幼なじみだ。

今日、ささやかながら出版祝い会を開いてくださった。

滋賀にある、ちいさな田舎の村の出身で、私は少し年下の彼女と幼いころ

よく遊んでいたらしい。

「らしい」というのは、人見知りだった私のほうはうろ覚えなのだ。

山梨に移住して4年たった平成17年に子育ての本を出版した。

その時に私は本のことで山梨日々新聞に大きく載った。

新聞に載った私を見て「似ているなあ」と思ったという。

50年も60年もたっていたら、まったく別人だものね。

苗字が変わっているから、女性はわかりにくいのだ。

そして電話をおそるおそるかけてくださったのだ(人違いかもしれないから)。

もし、その時本を出していなかったら、再会することのなかった仲である。

それ以来、おつきあいがある。

同郷の隣の家の方だった方が、甲府に50年も住まわれて活躍されているなんて不思議。

堤先生、今日はありがとうございました。