オカリナの再開

連載を始めてまもなく、忙しさのあまり。

それまで続けていたピアノとオカリナをやめた。

昨年は連載をやめたが、職場が忙しくなると予想したので、再開しなかった。

そして一年。

予想した通リ忙しい毎日だったので、余裕がなかった。

しかしこのところ、この忙しさに疑問を感じるようになった。

無理にでも楽しみの時間をとるべきではないか。

そう考えるようになった。

3年ぶりでオカリナの先生に連絡をした。

一時間のレッスンを3年ぶりにした。

すべて忘れていた、ゼロになっていた。

なんかもったい話だ。

今年は月に二回、たった二時間でいいからレッスンを受けたいと思っている。

先生の家は車で5分なのだ。

さて、どうなるだろう。

続けたいものである、仕事が人生のすべてではない、