94歳のニューヨーカー

美容院にカットに行きました。

「整理してモノをうんと減らしたわ」

「着るものは、もういらない」と言ったところ。

「そうかしら、女性はいくつになってもお洒落が必要よ」と言われて。

美容院の先生から「94歳のニューヨーカー」という映画を紹介されました。

今、とても影響を受けているのだそうです。

早速、アマゾン プライム会員である特典を利用して。

パソコンでその映画を観ました。

インテリア デザイナーにして、服飾装飾品のコレクターとして

名を馳せている女性なのですが、生き方がとてもカッコいいのです。

映画の中で「どんなに平穏な暮らしを望んでいる人にも刺激は必要よ」と言って

いましたが、まさに、地味で平凡な私たちでも刺激を受ける映画でした。

一回きりの人生、他人がどう思うかではなく、自分が楽しいと思えることに

どこまでも冒険心とユーモアでつき進んでいきたいと思えました。

私、来週、YBSのラジオに出演するんです。

梶原しげるさんが司会なので、うまく引き出してくださるらしいのですが。

思いっきりしゃべって、楽しいのにしたいな、と思えてきました。

私も本来はじゃじゃ馬なのですが、最近おとなしくしてます(笑)もったいない。

それにしても世の中には、こんなに若々しい94歳の女性がいるって驚きでした。

ちなみにご主人は100歳です。

以前に「90歳のピアニスト」という映画をここでご紹介しました。

そのことも思い出してしまいました。

いくつになっても「好き!」「熱中してる」というもののあることが

素敵ですね。