連載が本になります。

連載から解放されてニケ月。

すっかり忘れていたある日。

山梨日々新聞社の出版部から、本を出したいとお話をいただいた。

局長みずから「たくさんの方に読んでもらいたいと思い続けていた」と

わざわざ足を運んでくださった。

たしかに、埋もれて忘れられるのはもったいないぐらいに。

時間とお金がかかっている。

3年間、土曜日の夜と日曜日をつぶした。努力の賜物なのだ。

器用じゃない上に忙しい、医師なのでいい加減なことも書けない、けっこう大変だったのだ。

(友人のコーチにスカイプでしゃべりながら、それを自分でパソコンに

書いていくという作業を続けた。原稿料を超えるその持ち出しが3年で150万円である。

何回もしゃべっては書き直し続け、なおし続けたのだ。)

喜んでお受けした。

しかしまた作業が始まった。

本となると、さらにチェックが必要だ。

ドライブや散歩に行ける前にまた、スタバか。

それにしても、スタバって図書館か?

全員が、パソコンか教科書を開いている。

座る場所もないくらいだった。

あちこちカフェを物色したが、ランチを食べずに居座ることは気がひける。

やっぱり私にはスタバしかないか。