ストレスとのつきあいかた、春

今週、病棟の心理教育プログラムにて、

「ストレスとのつきあい方」という回を担当しました。

プログラムを通して、

ストレスってどういうものか、

どんなふうにつきあっていくとよいか、

みなさんと一緒に考えていきました。

写真がなかったので、

資料の一部をのっけてみました。

日々の生活や最近の自分自身について、

ストレスという見方から、

振り返る機会になればとおもいます。

だんだんと過ごしやすい日が増えていますが、

春は、1年のなかでも寒暖差が大きな時期でもあり、

生活環境がいろいろ変化する頃でもあり、

からだとこころに少し負担のかかる季節でもあるなと思います。

日々の生活をふりかえりつつ

ときには好きなものをたべたり、好きなことをしたり、

自分を休ませる時間も作りつつ、やっていこうと思います。

臨床心理士

土橋