最近の介護食

 月に1度、言語聴覚士の平澤さんに来院してもらい患者さんの嚥下の評価をしています。その時、作業療法士と管理栄養士も付いて回って勉強させてもらいながら評価を一緒に行なっております。

 普段食べている食事形態(きざみ食やペースト食)を用意し、嚥下の状況を評価しています。しかし最近、普段食べているものとは別に管理栄養士が「介護食」を用意してくれます。食事の形態(ペースト食)は変わらないものの、見た目がほぼ食材そのままの形になっています。今回「バナナ」を持ってきてくれましたが、見た目はほぼ「バナナ」、香りも「バナナ」、私も試食させてもらったら味もほぼ「バナナ」でした。形態は変わらないのできざみ食やペースト食の方にも安心して食べていただけます。患者さんの反応もとても良いです。

 今後はペースト食を食べている方が、見た目がそのままで安心して喜んで食べていただけるような食事が増えていくと良いですね。


作業療法士・眞田