ストレスとのつきあい方

心理士の土橋です。

以前、作業療法士の眞田さんが紹介してくれましたが、

心理教育プログラムのなかで、

「ストレスとのつきあい方」という回を担当しました。

プログラムを通して、

ストレスってどんなものか、

ストレスとどんなふうに付き合っていくと良いか、

一緒に考えることができたかなと思います。

内容をおおまかにいうと・・・

日常生活には色々なストレスがあるということ

気持ちがドキドキしたり、ソワソワするときは、

ストレスに心とからだが頑張っているサインということ

自分の苦手なストレスについて、

いつもストレスにどう対処しているかについて、

振り返り、整理してみることが大事

といった内容でした。

プログラムの準備を進めるなか、

自分自身も日々を振り返る機会になりました。

僕は、疲れてくると食べる量が増えたり、減ったりするみたいです。

ときどき気分転換で運動してみたり、と思います。

甲府の商店街のあじさいと七夕の短冊です。

雨の日が少しずつ増えてますね。

気温が高くなる日も多いので、

こまめな水分補給など、 体調管理に気を付けて。

臨床心理士 土橋