忙しかったです。

土曜日は、GW中なので、患者さんも少ないと思っていたら。

とても多かったです。

午前中で30人くらい診ました。

薬屋さんかと思うくらいの5分診療でした、すみません。

それでも重症の方が混じると、しっかり時間をとらせて

もらいました。入院になった方もおられました。

午後からは、昨夜からの引き続きの「救急当番」

「救急」からの連絡が入らなければいいなあと思っていた

午後3時。

とうとう☎がありました。

午前中に入院した方に救急患者さんのために空けていた

個室を使用してしまったので、さあ 大変!

部屋にかぎりがあります。部屋がありません。

しかし、「救急」は回りもちなので、ぜったいことわることは

出来ないというルールなんです。

また、みなさんをあまり驚かせてもいけませんが。

精神科救急というのは、たいていが、警察官何人もに

連れられて来る、事件寸前の方が多いのです。

医療の世界にそんなことがあるなど、あまり知られていませんが、大変な分野だと思います。

マジックを使いました。

でも完璧には使いこなせず「反省」させられました(笑)

職員さんが嫌な顔ひとつせず、きびきびと動いてくれたので

本当に助かりました。

患者さんのために、嫌な顔ひとつせず、きびきびと働く

ことは当たり前のことです。

でも、そこは人間。ひと筋縄ではいかないのです。

いろんな人間模様が繰り広げられます。

「病院」という舞台は複雑で、ここで一言で書けない。

でも少しでもいい病院に近づけるよう、みんな頑張っています。

写真は、患者さんの家族がどさっ!と置いていって

くださったカモミールです。

可愛い花ですね。