雪下にんじん★

生まれて初めて食べた雪下にんじん★

新潟県の豪雪地、魚沼津南町ならではの特選野菜です。

甘くてとってもおいしいと

おすそ分けしてもらったのですが

想像以上のおいしさにびっくり!!!!

雪下にんじんとは、昨年秋に収穫する人参をわざと3~4 メートルもの雪の下で冬を越させ、春の3月中旬から4月頃にかかけて除雪をし収穫する人参のことです。

特徴は、糖度が普通の人参に比べ2度程高く、人参特有の嫌な癖もありません。

人参嫌い人も食べれてしまう、サラダや生ジュースなどの生食専用人参です。

わたしは

にんじんをすりおろして、オリーブオイルと一緒に

ヨーグルトにかけて食べています

また、その年の降雪量により出荷時期や生産量が大きく左右されるため、大変希少価値の高い人参なのです。

雪の下で越冬したにんじんは、

甘みやうま味を感じる成分であるアスパラギン酸、グリシン、セリンなどのアミノ酸の含有量が大きく増加します。

また、豊かな香りの成分のカリオフィレンも増加します。

これらの変化が、雪下にんじんのおいしさに関わっていると考えられているようです。

管理栄養士  河住