冬の八ケ岳は超危険

しまった!

アイゼンが効かなくなった瞬間滑った

ピッケルを刺しても止まらなかった

左手を伸ばして何かにつかまろうとした

雪に埋まっていた階段の手すりに指先がかかった

両手でしがみついた

登りながらどうやって下るのか心配だった

下りはほぼ垂直に見えた

10ḿくらいは滑っただろうか

落下は止まった

止まらなかったら…

八ヶ岳の第3峰「阿弥陀岳2805ḿ」

「主峰の赤岳よりも難しい」

「冬はやめたほうがいい」

とだれもが言う

八ヶ岳の山々はとにかくアプローチが長い

駐車場から登り口までは2時間はかかる

そこから目前にそびえる山頂を目指す

今回男はかなり自信があった

直近で雪の車山、硫黄岳、根石岳、蓼科山をクリアしていた

しかし頂上に近づくにつれその自信も薄らいできた

「雪崩の巣」をクリアしたら今まで初めての急登だ

それも雪が膝くらいまである

頂上はめまぐるしく天候が変わった

眼前の赤岳が見えた瞬間ガスがかかった

ガスが晴れると全部見えた

次はどの雪山に行こうか

還暦間近の懲りないおじさん