握手

30日、31日と千祥会の方々による現代舞踊と小学生による演奏会を行いました。春休みなので、小学生の方々にも来院していただき、患者さんにとても喜んでいただく事が出来ました。とくに高齢者の方々は、小さいお子さんと触れ合える機会が少ないので、普段では見られない明るい表情を見る事が出来ました。

「触れ合う」という点では、毎年参加して下さる小学生演奏会の方々は、演奏中に患者さんに対し「握手」をして回ってくれます。それがとても好評で、一人一人握手することで、患者さんの反応が全く違い、目に涙を浮かばせる方もいました。

私も特別な場面ではなく、普段でも患者さんに対して「握手」しています。「ありがとう」というだけでなく、握手して「ありがとう」と言った方が感謝の気持ちが倍以上になってると勝手に思っています。

握手に何か良い効果があるのでは?…とインターネットで調べると自分が思っている事とは逆に「握手は衛生的に良くない」と書かれている記事を見つけ、へこみました。

作業療法士・眞田