私と妹

朝起きたら、今日もまた雪が積もっていました。寒いです。

でももう、慣れたかな。

私も夫も移住者(外者)です。

こちらには、子供も親類も又友人もほとんどいません。

淋しくない? って言われます。

若い頃だったら「そんなさびしい人生、嫌だ」と思ってた。

でも、私が孤独癖だということは今になってわかったこと。

さびしくないんです。

唯一、夫の妹が近くにいます。

妹も移住者で、子供たちは東京で、猫とふたり暮らし。

妹と私の距離感は絶妙です。

10数年のつきあいになるけど、ふだん、☎はしません。

相手の時間をとるからです。メールで連絡。

そして月一回だけ、日曜日に遊びに来ます。

3時間ほどいて、おしゃべりして、一緒にケーキや

夕食を作ります。

私にとっては月に一回の本当にうれしい時間です。

昨日が誕生日の私は、ひとつまた年をとってしまいました。

だんだん、こんな地味でひっそりとした暮らしが好き。

子供のころの自分にかえっています。

子供のころも、いつもひとりで絵を描いたり本を

読んだりしてる子供でしたから。

それと、父に似てきたなあと思う。

父は人とまったく交わることなく、孤独で晴耕雨読の

人生を貫いた。

最愛の妻に先だたれて一時は号泣しましたが。

孤独を愛する父の晩年はしあわせだったんですよ。