アール・ブリュット展お誘い

韮崎市民交流センター「ニコリ」の地下で。

アール・ブリュット展があると、今日の外来の患者さんが教えてくれた。

昼休みにさっと行ってきた(フットワークは超軽い)

障害者の方が描いた絵であるが、その中で、芸術性が高いと

特別に評価された方の作品である。

なので、とても見ごたえがあった。

草間彌生を彷彿とさせる芸術性を感じる絵が多く、あった。

27日までなので、ぜひお近くの方はどうぞ。

下はボールペンで「女の子」ばかりを羅列している。

けっこうインパクトがある。

下のものは「かかし」と名付けられていた。

一階にはコーナーポケット(パン屋)が入っており。

珈琲300円に小さなお菓子がつく。ここもお勧めである。

展覧会のせいで、今日は人であふれていた。

アール・ブリュットの意味であるが、英語では アウトサイダー・アート

言う。つまり伝統的な訓練を全く受けていない人の自然のままの絵画と

いう意味であるらしい。なので障害の方が素のままで描いた絵が多いのだ。