北村院長

小春日和

今日は、ちょっぴり寒い小春日和でしたね。

外気温が3度くらいで小雪が舞いそうな寒さ。

 

林のない芝生の公園はとても寒くて歩けなかった。

 

それでも林の中を歩くと風がないので暖かいのです。

葉っぱはもう散ってしまい、冬の景色。

それでも街を歩くより、零下温度でも、林の中のほうが暖かいですね。

 

このところ忙しいのと寒いのとで、ウオーキングはしていませんでしたが。

今日はどうにか時間をとって少し歩きました。

 

とても気持ち良かったですよ。



赤い実

散歩の途中。

青い空に、赤い実が映えています。

思わず、写真に撮りました。

 

ちょっと出かけていたせいで、今日はけだるくて何をする気もおきません。

 

掃除もだめ。

キッチンもだめ。

整理もだめ。

ただゴロゴロ。

遊びに行くと、こんなにあとでだめになるものでしょうか。

 

こんなじゃあだめだ、と思って思いきって散歩に出た次第。

 

こんなになまけて過ごしたのは久しぶり。

不全感でいっぱいです。

やっぱり私は、遊びに行って楽しむより、毎日の暮らしに余裕にあった

ほうが好きだなあ。

 

でもまわりに遊び好きな人たちがいるもんで・・・・・(笑)

おつきあいも大変です。

それに、やっぱり出かけることも大事ですしねえ・・・・・・・

 

猫たちのお留守番役はパーフェクトでしたよ。

おりこうさんな猫たちです。

 

 


秋の景色と恋人たち

 

昨日のブログを書いてくれたスタッフさんと同じく。

私も四季の中で、一番秋が好き。断然秋が好き。

秋は深いです。人生の秋もね。

 

今日もスタバ。

外はいい天気で、すばらしい秋色。

 

みんなおしゃべりしたり、忙しそうにパソコンする中で。

ゆったりと並んで外の景色を眺めている恋人たちがいました。

 

いいな、と思いました。


今日の病院食

今日の病院食は、すばらしいです。

精神病院協会のスポーツ大会で出かけています。

手づくりお弁当持参で。

 

といっても私はお留守番。

でも検食当番ですので、弁当はいただきました。

弁当があまりにすばらしく、ちょっと昼ご飯として手をつけるのが

もったいなく感じ、食べれませんでした。

自分はコンビニで買って食べました。

 

これは家に持ち帰り、夫とふたりで食べようと思います。

厨房のかた、ご苦労さまでした。

 



日曜日は久しぶりのダウンでした。

先週末前後は、夜の会議に日曜日の日直。

続いて救急当直と続き、こころある職員さんから。

「先生、ダイジョーブ?」と心配されていたので。

ぜったい倒れない!と用心していました。

暇さえあればプールにも行き、ストレス解消をはかっていました。

 

金曜日は、元気なのに、気持ちがブルー(始まっていたんですね)

そして土曜日。

あれ?頭痛と鼻水。風邪かな?

でも、たまっていることもあり普通以上に働きました。

 

とうとうダウンしたのは、日曜日。

風邪はすぐ治るのですが、私のパターンは胃。

胃が働かず、水も飲めずに24時間、おとなしく寝ていました。

 

月曜日は復活です。

 

胃をこわした原因は土曜日夕食の海のもの。

疲れている身体に、変則的な食事をするとヤラレル パターンです。

 

先回は、おみやげにもらった明太子おせんべいでしたもの。

変わったものは、ほんと食べれない。

夫から「これだけ同じパターンを繰り返しているのに、なおらないんだね」

と言われました。

でも。

疲れていることも。

胃にやさしくないものを食べていることも。

その時はわからないんですよね。

 

かまってもらえず、外も雨のため、レモンは一日ウロウロ所在なげでした。

☆   ☆   ☆

私の仕事は自分で決められず、仕事が先にやってくる。

その時、体調がいいかどうかなんて関係ない。

「倒れない」ことは、いわば精神修養のようなものだと感じています。

「鍛える」のではなく、精神修養。

じゃあ、今日は元気で行ってきまあす。

(日曜日のぶんのブログですが、月曜日朝に書きました)

 


フェスタ韮崎東ケ丘

 

今日は台風の影響で、かなりひどい雨天。

外の屋台など中止で、急遽院内ににわか屋台。

いろんな食べ物は職員さんたちが準備しました。

 

穂坂小学校のブラスバンド部出演。

韮崎高校の軽音楽部出演。

一番喜んでおられたのは患者さんたちだったかな。

韮崎市のゆるキャラ、ニーラちゃんが特別出演。

子供たちの人気を集めていました。

もちろん、私もニーラちゃんと撮りましたよ。

出演者や患者さま家族さまは写真に撮れませんので、写っているのは

ずべて職員さんばかりです。

韮高の軽音楽部はOKのようです。

 

準備の職員さん、おいでくださった家族の方、お疲れさまでした。

そして。

雨の。

長~い一日は、終わった。

 



甘酒作っていますか?

最近、甘酒作りが流行りである。

タイトルを「甘酒作りました」にしなかったのは。

「(あなたも)甘酒作っていますか」にしたのは。

あまりにも作っている人が多くてびっくりだからだ。

流行りってこわい。

 

さて私は、若いころ金沢のかぶら寿司を作る時に甘酒が必要なので。

何回も作っている。当時はこたつに入れて2~3日かかった。

それ以来、作っていない。

 

ところが、結婚した時、夫が「甘酒が大好きだ」という。

祭りや酒蔵見学に行くと、400円とか600円出して、薄~い甘酒を買っている。

私は「あんなん甘酒なんかじゃない」と白い目で見ていた。

 

ところがここにきて、麹なども簡単に手に入り、炊飯ジャーでできるというので

流行りだした。

体にもいいという。

 

とうとう、夫のために甘酒作りに乗り出した。

 

昨日今日と甘酒に挑戦。

でも失敗ばかり。何時間費したことか!(一回に6時間だから12時間だ)

 

教えてくださった方の作った甘酒があまりにも甘くできていたため。

私は「こんなもの」だとも思うのだが、夫が納得しない。

自分でも納得できない。

わが家の炊飯ジャーの保温機能が弱くて使えない。

 

結局、IHクッキングヒーターの保温を使い。

フライパンに湯を入れて、そこに鍋を入れるという形に落ち着いた。

 

ヨーグルトメーカーは3000円台で売っているので、本当に作るのなら

それを買ったほうがいいと思う。

 

だけど夫が「パン焼き機と同じ運命を辿るよ」と断言するので、今のところは

まだフライパンと鍋を使うと思う。

 

それにしても手づくりの甘酒は美味しい。

試飲のし過ぎで、すっかり太ってしまった。

 

しばらくハマッテ、ハマリ続けて、そして飽きると思う。

それでいいんだよ。